『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『バシュメット』
先々週になりますが、週末にユーリー・バシュメットのコンサートに行ってきました。
みなさんバシュメットって誰だかご存知ですか?

私は有名なクラシック演奏家だということは知っていたのですが、実はずっとヴァイオリン奏者だと思っていました。でもなんとビオラのソリストだったんです。

ビオラでソリストとは珍しいので、いろいろ調べてみたら、ソロ楽器としてのビオラの地位を高めた、とか最近では指揮活動もしていることがわかりました。そして驚いたことにこの人ロストフ出身だったのです!こんなところにもロストフチャニンがいました。

そのバシュメット、今年55歳で、こういうきりのいい年齢はロシアではユビレイ(記念の年)なので、プーチン大統領から直々にお祝いされてましたし、その後グラミー賞を受賞と最近何かと話題の人です。
ちなみにオフィシャルサイトはここ→http://www.yuribashmet.com/ ですが、なんだかフォトジェニックな写真があって、写真にこだわりのある人なのかもしれません。

さて実際のコンサート、当日は夜7時開演の予定、でした。
ところが10分過ぎ、20分過ぎ、30分過ぎても始まりません。ロックなんかだと1時間遅れはざら、のロシアですが、クラシックでこんなに遅れるとは…。結局40分を過ぎたところでやっと始まりました。

最初はヴィヴァルディの「四季」。こういうこてこて、の曲を生で聞くのも久しぶりです。バシュメットは指揮で、彼の率いる「モスクワソロイスツ合奏団」の演奏。

後半の最初はモーツァルトの「ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲」で、バシュメットもヴィオラを抱えて出てきました。やっと演奏が聴ける!で、初めて聴いたヴィオラのソロというのはなんとも不思議な感じでした。ヴァイオリンより音が低いので、あまり音が飛ばないのですが、さすがにバシュメットだけあって、飛ばないなりにも、かなりの存在感があります。

その次はチャイコフスキーの「フィレンツェの思い出」。こんな曲があったんですね。知りませんでしたが、後半に来て演奏もだいぶ乗って来て、音が出てきたところで、なかなかよかったです。

アンコールは、これまたこてこての「G線上のアリア」とシュニトケの「ポルカ」。シュニトケが好きな旦那は「アンコールのこれが一番面白かった」とちょっと残念そうでした。確かに現代物をもっとやってくれた方が面白かったかも…。ただバシュメットは2月頭に日本公演もしていて、だいたいどこでもこんなようなプログラムだったみたいです。

なにはともあれ、久しぶりに生の演奏が聴けたので、私としては満足でした。日本に帰った時には、ぜひ彼が現代ものを演奏しているCDを買ってみたいです。武満徹なんかも録音しているんですよ~。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
スポンサーサイト

テーマ:ロシア生活 - ジャンル:海外情報

【2008/02/27 20:51】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(8) |
<<春を待つ季節 | ホーム | 雪の夏学期>>
comments
--バシュメントがモーツアルト!--
モスクワでは、ありえないプログラムですね♪ホームグラウンドを離れると、彼もそういうのを演奏するんだっとちょっとした驚きでした。
彼のビオラは素晴らしいですよね。私は趣味でチェロをちょこっと弾きますが、彼のビオラを聴いて「私の求めていたのは、チェロではなくビオラの音だったのかも」と少し後悔したくらいです。
【2008/02/28 06:15】 URL | きてぃ #-[ 編集] |
--No title--
だいぶ昔ですが,来日コンサートに何度か行きました。
今でも良く来ていますね。
いずれも,バシュメット&モスクワ・ソロイスツとかバシュメット指揮とか書かれていますし,
そう考えるとヴィオラ奏者っぽいイメージじゃないですね。

私が一番飢えているのが生音です。
ジャズでもクラッシックでもいいから,聴きに行きたいなぁぁ。
【2008/02/28 11:04】 URL | こーり #-[ 編集] |
--No title--
最近よくバシュメットの名前を見たり聞いたりするな~と思ったら、2月の来日公演のチラシが家にありました。
そう言われてみるとヴィオラ・ソロって思い浮かばないものですね。
主旋律の裏で超絶技巧で健闘してるはずなんですが、やっぱり地味で印象に残らない…
【2008/02/28 15:17】 URL | Vindobona #6IhhygGM[ 編集] |
--No title--
クラッシックにはとんと疎いのですが、お顔は拝見したことあります、さすがに・・・。
「文化局」ありますしね、ロシア。
しかし、子供がいると、劇場、コンサートはもちろん、レストラン、映画館でさえ本当に遠い場所になってしまいました。
一緒に行けるまで、どのくらいかかるのか?
ご主人と楽しまれてるとのこと。いいですね。主人の友人も奥さんと連れ立って観劇が趣味っていう方がおられて、そういう夫婦のあり方いいなーと思います。
【2008/03/02 04:13】 URL | あつみ #-[ 編集] |
----
きてぃさん
きてぃさんは以前モスクワで色々コンサートに行かれたんですか。やっぱりモスクワだとプログラムも違うんですね。チェロを演奏されるとは羨ましい!私は以前少しコントラバスをやっていたことがあるんですが、好きなのはチェロの音域です。そういえばモスクワソロイスツ、コンバス一本だけで低音を支えていて、すごいなと思いました。

こーりさん
さすがこーりさん、バシュメットのコンサートにも行ったことがあったんですね。そうなんです、今回のコンサートも彼、前半は指揮のみでした。こーりさんも最近はあまりコンサート行ってないんですか?私はほんとに久しぶりだったので、またそのうち何かあれば行きたいです。

Vindobonaさん
私はヴィオラのソリストって初めて見聞きしました。確かに裏方になりがちなヴィオラなので、ソロ楽器にしたのはバシュメットの努力ですね。

あつみさん
お子さんがいらっしゃると、行く場所にも気を使いますよね。でもきっと一緒に行ける日はそう遠くないですよ~。このコンサートでも、ちゃんとタイにスーツと正装した小さな男の子がいて、小さい時からこういう機会があるのはいいなーと思いました。
【2008/03/02 17:50】 URL | ありょんか #7rY5aUwI[ 編集] |
--No title--
「ロシア新大統領にメドペーシェフ氏」をアップしました。ご一読賜れば幸いです。http://www.election.ne.jp/10375/44794.html
【2008/03/05 04:43】 URL | 原田義昭 #oyUv4a/.[ 編集] |
--バシュメットとは関係ないですが--
Восьмого Марта おめでとうございます。
【2008/03/08 03:03】 URL | まきのや #-[ 編集] |
----
原田さん
遅レスですいません。記事も読ませていただきました。新大統領の名前の表記は「メドベージェフ」か「メドヴェージェフ」になると思います。

まきのやさん
ありがとうございます~!!
【2008/03/16 19:42】 URL | ありょんか #7rY5aUwI[ 編集] |
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://alenka.blog95.fc2.com/tb.php/59-0e506f88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

リンク

このブログをリンクに追加する

Google+ブログ検索

Google

Blog Pet

Google Ads

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。