『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『雪の夏学期』
今週から大学の夏学期が始まりました。
ロシアの大学では1月が「セッシア」と呼ばれる試験期間です。そのあと1~2週間ほどお休みがあって、2月半ばから夏学期になります。

しかし夏学期と呼ぶには、まだあまりに寒いロシア…。
平均マイナス5度くらいでしょうか、そして学期の初日はが積もりました。

先学期、私は授業が3コマ、4年生だけを担当していたのですが、今回はいきなりコマ数が倍以上の7コマ、そして1年生と3年生も担当することになり、ちょっと準備が大変です。そして実は私、学生の名前を覚えるのが苦手なんです。日本にいた時もそれで苦労しましたが、ロシアの場合何が困るって、同じ名前の学生が多いんです。

こちらでは学生を基本的に名字ではなく下の名前で呼ぶのですが、全学年で例えばマーシャ(マリアの愛称)が4人、オーリャ(オルガの愛称)が4人、ユーリャが5人、という調子。名字のバリエーションは多いのに、下の名前はあまり種類がありません。区別するには名字も覚えなければならない始末。きちんと覚えるまでには、ちょっとまだしばらくかかりそう…。

1年生と3年生は、今週が私との初めての授業でした。初回は私もちょっと緊張しますが、学生も緊張しています。特にロストフの場合、日本人と接する機会はほとんどないので、おそらく生の日本人を見たのが初めてという学生もいるのではないでしょうか。私が教室に入ると、宇宙人が来た!というのは大袈裟ですが、本物の日本人が来た、という空気が流れます(笑)。3年生はそれでも、もうある程度日本語が分かるので、授業では日本語を話して問題ありませんでしたが、1年生にわざと日本語で挨拶して「わかりますか?」と言うとみんなちょっとしたパニック状態に。「何言ってるの?どうしよう!?」とみんなの顔に書いてあるような状態です。そこでおもむろに「私はロシア語も少し話せますから、わからなかったらロシア語で質問して大丈夫ですよ~」と言うと、とたんにかなり安心した様子になりました。

まだ最初で、あまり慣れてないせいもあって、授業では1年生も3年生もみんな真面目で一生懸命です。よしよし。問題は4年生。全員女の子で、しかも私の授業に慣れてしまったせいか、注意してもとにかくおしゃべりが多いんです。私がもっと厳しくしないといけなかったんでしょうが、なかなか厳しくなりきれなかったのでした。こういうのは最初が肝心なので、4年生には最初甘すぎたかな?とちょっと反省のこの頃で、少し厳しい教師を目指してみよう、というのが今学期の目標です。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:ロシア生活 - ジャンル:海外情報

【2008/02/16 22:00】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(12) |
<<バシュメット | ホーム | 電動丸>>
comments
--No title--
なんだか日本の学生と同じですね~。最初は緊張してても緩んでくる、みたいな(どこも学生は同じ?)。学生さんたちは日本語検定とか受けるのですか?上達すると先生も嬉しいでしょうね。まだ寒い「夏学期」ですが、無理せず頑張って下さい。
【2008/02/17 02:59】 URL | ばこ #-[ 編集] |
--No title--
一方で、成績にとてもこだわりませんか?
「なぜ、私5じゃないんですか?」って
こっちが聞きたいですよ。
「なぜそんな質問ができるんですか?」って。
厳しい先生って難しいですよね。
体に気をつけて、頑張ってくださいね。
【2008/02/17 03:15】 URL | あつみ #-[ 編集] |
--No title--
外国人を見たときの慌てぶりってのは、どの国でも同じなんですね。日本人の場合は、とくに見かけも言葉もロシアとは全然違いますもんね。

厳しい先生、大いに賛成です。日本でも、厳しい先生は少なくなってるみたいです。。。
【2008/02/17 04:15】 URL | 薬作り職人 #-[ 編集] |
--No title--
お休みと試験の後の夏学期って、日本の夏休み後のようにダレた雰囲気があるのかな?

ありょんかさん、厳しい指導で4年生を昔の日本向けモスクワ放送のアナウンサーのように(私は結構長いこと日本人アナウンサーだと思っていたんですよ)イントネーションやアクセントも見事な日本語話者に仕上げてください。
【2008/02/17 04:33】 URL | Vindobona #6IhhygGM[ 編集] |
--よくわかります!--
あ~、あの反応!
よくわかります!

1年生のクラスで、
「じゃあ、はじめましょう!」
って言ったら

全員が硬直してたのを思い出します。かわいかったなあ。

しかし、厳しい先生って大変ですよね。楽しくやりたいけど、だらだらされるのはイヤだし・・・。このバランスがむずかしい!

ありょんかさん、無理なく、楽しく、がんばってください!
【2008/02/17 11:34】 URL | ちぇぶ #-[ 編集] |
--No title--
すごい!頑張っていらっしゃいますね☆
ロシア人の名前はかぶるから大変ですよね。。。
応援しています!!
【2008/02/17 15:00】 URL | 幸葉 #-[ 編集] |
--No title--
夏"学期ですか...
冷たい響きの"夏"です。^^;

ロシアの小説を読んでいると,あっちでもこっちでも同じ名前が出てきたりしますが,
実際に,そんなに名前ってかぶっているんですね。
【2008/02/18 01:21】 URL | こーり #-[ 編集] |
----
ばこさん
おっしゃる通りで、こちらの学生も、日本の学生とあまり変わりません。今年は日本語検定2級を受ける学生が何人かいて、ちょっと難しいのですが、なんとか受かってほしいです。

あつみさん
ありがとうございます。私は先学期「ザチョット(合否のみ)」だったので、まだ5段階評価してないんですが、今学期は試験なので、場合によっては学生ともめそうですね。そうならないように、評価の基準をしっかり定めておかねば…。

薬作り職人さん
そうなんです。普段はおそらく日本人と思われてないので、誰も慌てないんですが、学生はもちろんわかってますから、いきなり日本語だと焦るみたいです。よき厳しい教師、であるのは難しいですね。

Vindobonaさん
いや~そこまではちょっと無理かも…。発音やイントネーションも直したいんですが、その前にまだ文法を直すところが沢山あるんですよね。でも、できればそこまで何とかしたいです。

ちぇぶさん
ちぇぶさんの時もそうでしたか。学生たちの慌てぶりはなんともかわいいですよね。ほんとに、厳しい先生、と簡単に言ったものの、実際はとても難しいです。とりあえず今学期は少しだれてしまった4年生を締めていこうかと思います。ちぇぶさんもあまり無理しないように頑張ってくださいね。

幸葉さん
ありがとうございます。そちらはもう年度末ですね。いろいろ忙しいころでしょうか。また近況など知らせてくださいね~。

こーりさん
どうも夏学期、という感じじゃないんです。冬学期のつづきなんじゃないかという。ロシア人は同じ名前の人が本当に多いです。日本のように、自分たちで考えた名前、というものがないからでしょうか。でも名字は色々あるんですけどね。
【2008/02/18 10:48】 URL | ありょんか #7rY5aUwI[ 編集] |
--No title--
>「なぜ、私5じゃないんですか?」
お、おかし過ぎる(笑)
でもいました、オーストラリアでも。グループレポートで仲間の一人が「なんでこの部分の評価は10点しかないんですか」とか聞いてて、穴があったら入りたかったです。10点取れたら御の字やろーという内容だったので。
【2008/02/18 18:18】 URL | ばこ #-[ 編集] |
--評価は難しいですね--
ありょんかさん

私の時代は成績さえ良ければ、出席してなくてもいいとか、宿題出してなくてもいいと思っている人がいたり、逆にマジメなんだけど、どう考えても「5」には程遠い人とかいて困りました。以前、裁判沙汰になりかけたという(他の地域ですが)恐ろしい経験をされた先生がいらっしゃいました。
今はレーティングシステムが導入され始めてるそうですし、また能力試験も実施されるようになり、確かに会話力は測れない問題等はあるものの客観的に学生の能力を評価される機会が大学以外の場でできたので、助かりますね。
でもできるだけ早い段階で、私の成績評価はこういう考えに基づいているということを学生に告知しておいたほうが、トラブルは少ないかと思います。とにかく自己評価が高い人が多いので・・・。頑張ってくださいね。
【2008/02/21 03:28】 URL | あつみ #-[ 編集] |
--No title--
ロストフだとどのくらいの学生さんが日本語を勉強されているのでしょう。専攻ではなく第2、第3外国語として勉強しているのでしょうか。ピーテルだと通訳ガイドという道がありますが、ロストフだと日本語で就職というのはなんとなく想像しにくいので・・・。
【2008/02/24 13:40】 URL | まきのや #-[ 編集] |
--No title--
ばこさん、あつみさん
笑い話ですんでいるうちはいいですが、裁判沙汰は恐いですね。試験準備はしっかりやらないとだめですね。頑張ります~。

まきのやさん
今のところ、うちの大学では40人前後で、彼らは第一専攻です。あとは語学学校で習ってる人もいます。でもロストフではおっしゃる通り、日本関連の就職先がないのが頭の痛いところ。ピーテルはその点、日本企業も進出してきているし、選択肢があっていいですね~。
【2008/02/26 20:35】 URL | ありょんか #7rY5aUwI[ 編集] |
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://alenka.blog95.fc2.com/tb.php/58-2411f888
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

リンク

このブログをリンクに追加する

Google+ブログ検索

Google

Blog Pet

Google Ads

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。