『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『電動丸』
先日知り合いから日本語の翻訳を頼まれました。
その人は翻訳会社の人で、ときどきちょっとした日本語のテキストを持ち込んできます。それまではCDの曲目とか、誰かの学生証とか、短いものだったのですぐできたのですが、今回はなんと釣りの時に使う電動リールのマニュアル!日本のシマノという会社が「電動丸」という電動リールを作っていて、この会社の製品はロシアでも結構需要があるみたいです。確かに釣りをしている人はこの辺の池やドン川でもよく見かけるなあ…。しかしこんな高性能のリール高いだろうに。ロシアも趣味にこれだけお金を費やす層が増えてきたということか…などと1人考えていました。

しかし私はほとんど釣り、というものをしたことがないし、なにしろマニュアルだとページ数も多い、釣り用語も日本語ですらさっぱりわからない、ということで、これは無理だと判断。翻訳は丁重にお断りしました。

するとその後電話がかかって来て、その翻訳の依頼主がどうしても助けてほしいんだとか。聞くと依頼主は機械の標準化や基準化を行う?センターの所長さんだそうです。よくわかりませんが、とりあえずそこに行ってみることになりました。

そのセンターにつくと、立派な所長室に通されて、ちょっと緊張。そして机の上には例の電動リールが、それも種類が違うものが二つも置いてありました。さっそく所長さんがあれこれ矢継ぎ早に質問してくるのですが、なかなか要領を得ません。そのうち「実際に動かしてみよう」ということになり、所長さんはアシスタントらしき人にバッテリーを持ってくるように指示。秘書にも「うちに糸はなかったかな?いや釣り糸じゃなくていいんだよ。普通ので。」と電話で糸を持ってこさせました。

そこで実際に動かしてみたのですが…。日本の技術が素晴らしすぎるのか、ロシア人にはこのあまりの機能の細かさが難しすぎるのか、私の説明が悪いのか、結局所長の最後の一言は「うーん、よくわからん」。

こりゃ困った、仕事にさし障るんだろうかと思い、「どういう用途で必要なんですか?」と聞いたところ、「自分で使いたいんだよ~。これで釣りをしたいんだ」とのこと!あれっ、仕事じゃなかったの??ていうか、仕事時間中に自分の趣味のために、人を使って電動リール試してみたわけ?なんとなく途中からもしかして…と思っていたんですが、こういうところがやっぱりロシア。その後隣の部屋を見せたいと言うので、行ってみると、釣れた魚を手に、うれしそうにしている所長の写真が壁いっぱいに何枚も飾ってありました。

「いや~すごいですね。魚も大きいですね。」「これはヴォルガ川、こっちはクロアチアだよ。」と得意そうな所長さん。電動リールの使い方がわかったら、まずは、この近辺で釣りをするそうです。しかし果たしてそれはいつになることか…。

にほんブログ村 海外生活ブログへ←ランキングに参加してみたので、よろしければバナーのクリックをお願いします!
スポンサーサイト

テーマ:ロシア生活 - ジャンル:海外情報

【2008/02/10 13:49】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(9) |
<<雪の夏学期 | ホーム | 極東に思いを馳せ>>
comments
--No title--
どきどきしながら読み進めたら、途中から日本では考えられないようなファニーな展開に(笑)
でもそこがロシアらしいというか、ロシアのいいところのようにも思います。
釣り用品に限らず日本製品は体格のいい欧米人には手や指の大きさや、力任せ力の入れ方の微妙な加減で使い辛そうな感じです。
外国製品を使う印象が「頑丈」や「大雑把」だからかも知れませんが。
それにしても所長さん、早く電動リールが使えるようになるといいですね。
【2008/02/10 17:28】 URL | Vindobona #6IhhygGM[ 編集] |
--No title--
わたしは、ありょんかさんのお話を読んで、そこの所長さんは、自分の趣味もいくらかあるのかもしれませんが、一番は、漁業の分野で日本の技術を学び、自社製品に導入したいんだろうなと思いました。ロシアには資源があるから、あと必要なのは技術なんですよね、きっと。自分の国で原材料を調達して、作ったら、一番安く供給できるし、輸出しても、競合できますよね。
時間つぶしで呼ばれたわけは、絶対無いですよ~。特に今勢いにのっている国なのだから、いろいろとがんばりたいんでしょう。
技術的な文献って、読むのが難しいですよね。そこで、日本人の出番なんですよ!
ご主人のお国だから、ありょんかさんにしかできない仕事もあると思うので、がんばってくださいね。
【2008/02/10 18:29】 URL | まーこ #-[ 編集] |
--No title--
あははは、思わず笑ってしまいました。ロシア人に良くありがちな話ではないかと・・・・。「機械の標準化のセンター」って、名前を聞くとパブリックセクター(つまりお役所)っぽいですね。そういうとこの上役とか企業の経営幹部って、何かそんなイメージです。ここの国の人は公私の区別がなかなかつけられません。
【2008/02/10 20:04】 URL | まきのや #-[ 編集] |
--No title--
へえ~、どうやって手に入れたんでしょうね。電動リールってことは、大物を狙っているということでしょうか。ほぼ漁師と化したうちの父もまだ電動リールは使っていません。
所長の趣味もその内職業的貢献を果たすことがあるかも知れませんね。本気で純粋に趣味であるだけなのかもしれませんが。
【2008/02/10 20:40】 URL | ばこ #-[ 編集] |
--目に浮かぶ--
笑ったー!よくありますよね、何かと思ったら・・・って。
私もこの前は階下のおじさんの点眼薬。
病院の先生が「日本につてがあるなら送ってもらえ」って勧めたらしく、送ってもらったみたいなのですが、本当に大丈夫か、ちと心配だったみたい。チョコがお礼でした。旦那は中国語なので、以前はよく中国の薬も頼まれてました。ロシア人、言葉も分からんでよくそんなものを体に入れるな!って思いますけど・・・。
シマノの釣具、キャンプ用品、果ては船まで。アウトドアものはこっちは日本製だらけ。めるさんのご主人なら直ぐに訳されるかも・・・。
【2008/02/11 03:37】 URL | あつみ #-[ 編集] |
--↑呼ばれて飛び出て、--
じゃじゃじゃじゃーん。(知っとお?)
あつみさん、その目薬って白内障の「カタリンK」とちゃいますか?なぜかロシアで有名ですよね、うちも何人もから何十個頼まれたかしれません。(勘違いだったらごめんなさい)

所長さんはあんまり「ロシヤジン」なので、あるある!と大笑い☆
シマノ、有名ブランドですもんね。ロシアで買ったらうんと高いですし所長さんも早く使って大物釣り上げてみたいでしょうねえ。

ウチのロシヤジンは今月末にオトーサンと一緒に釣り&スキー&温泉にやってきちゃうんですよ。日本の釣り仲間のおっちゃんの家に長靴とか道具とか置きっ放しで毎年釣り三昧。
所長さんにリールの事で連絡してもらってもいいですがずーっと釣り話で盛り上がっていつまでも終わらなそう!(笑)
【2008/02/11 09:49】 URL | mel #-[ 編集] |
--No title--
Vindobonaさん
在ロのみなさんがお書きのように、結構あるんですよねーこういうこと。確かにリールのボタンも手の大きい所長さんには小さそうでした。それも2ついっぺんに押す、とか3秒以上、とか指示が細かいんですよ。

まーこさん
フォローをありがとうございます。でも所長曰く「ビジネスとは関係ない」そうです(笑)まあ仕事は抜きにしても、なんとかリールが使えるようにしてあげたいんですが。

まきのやさん
さすが、ロシアで仕事されてるだけあってよくお分かりですね。良く言えば融通が利く、悪く言えば公私混同とはまさにこのこと(笑)

ばこさん
リールはロストフで買ったみたいです。釣りの写真をみたら、結構本格的で大物が写っていたので、大物狙いなんですね、きっと。そうか、ばこさんもお父様が釣りをされるんでしたね。私は普通のリールと電動リールで何が違うのかすらわかってません…。

あつみさん
いやほんと、使い方もわからないのに普通買うか?とちょっと言いたくなりましたが、それでも日本のものはいいんでしょうね、きっと。そちらでもシマノは人気なんですねー。ロシア語のマニュアル作ってほしいです!

melさん
出まして来ましてアクビちゃ~ん(歳がばれる…笑)その目薬はロシアで有名なんですか。知らなかった…。そのうち頼まれたりして。そっか、ご主人釣りされるんでしたよね~。ほんとにリールとかこういうのは、釣りに詳しい人が説明しないと、日本語が分かるというだけじゃ全然だめです。今月末はおふたり日本ですか!しかも温泉にスキー!うらやましくて悶えそう。
【2008/02/11 19:49】 URL | ありょんか #7rY5aUwI[ 編集] |
--わかるような・・・--
私がいた頃からシマノはじめ日本ブランドの釣り道具はモスクワの動物ルイノックに目白押しでした。でも、その取説がロシア語訳されてるのって見たことなくって・・・。^^; なぜ、今さらっと記事を読み進めていったのでした。

もし、あの場で「あたし、これの使い方よぉっくわかるんだけど、誰か釣りに連れてってくれる?」って叫んでみたりすると、結構、人気者になれるんでしょうか?? ^o^
【2008/02/13 15:26】 URL | きてぃ #-[ 編集] |
----
きてぃさん
そんなに需要があるにもかかわらず、ロシア語どころか英語の取説もないらしいんですよ…トホホ。きてぃさんがそう叫んだら、きっと数人のごっついおじさんに拉致されることでしょう(笑)
【2008/02/15 18:47】 URL | ありょんか #7rY5aUwI[ 編集] |
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://alenka.blog95.fc2.com/tb.php/57-4bcd1766
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

リンク

このブログをリンクに追加する

Google+ブログ検索

Google

Blog Pet

Google Ads

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。