『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『ロシア美術館と要塞』
ペテルブルグ最終日です。
この日は朝ホテルをチェックアウト。夜遅くの列車でモスクワに向かう予定なので、まだまる1日あります。

さすがに4日目になってくると疲れもたまってきますが、最終日とくれば頑張るしかありません。今日の訪問先は「ロシア美術館」です。
20070827170856.jpg20070827170920.jpg20070828123133.jpg
ここはエルミタージュと違って、名前の通りロシア絵画専門の美術館です。以前モスクワのトレチャコフ美術館で、あまり知らなかったロシア絵画の素晴らしさにはまり、ペテルに行ったら絶対行こうと心に決めていました。

ここも元宮殿なので、やっぱり中はきらびやかです。そしてエルミタージュほどではないにせよ、やっぱり大きい!40万点以上の美術品を擁するというのも納得。とにかくいろんな絵画があって全部紹介できないのは残念ですが、ほんの一部だけでも。
20070827171240.jpg20070827171312.jpgアイヴァゾフスキーファンのみなさま(誰?)お待たせしました。「」(左)と「第9の怒涛」(右)をお届けします。(イヴァン・アイヴァゾフスキーは、海の風景を得意とした画家です。波の描写がすばらしい。)


20070827171333.jpg写真に入りきらないほどのレーピンの大作。

20070827175707.jpg原色の色使いが素晴らしいマリャービン。お気に入りの一枚。




20070827175726.jpgイコン風、でもどこかモダンなヴァズネツォフの作品。キリル文字が美しいですね。

20070827175741.jpgロシア・アヴァンギャルドを代表するマレーヴィッチももちろんあります。


美術館と言えば、最後にポストカードや画集を物色して、お気に入りを選ぶのが楽しみの一つなのですが、今回エルミタージュでは時間切れ+入り口と出口が違ったため、買い損なうという目にあったので、ここでは絶対気をつけようと思っていました。館内にはあちこちに小さな売店もあるし、大丈夫だと思っていたところ、ここでも約6時間と、思ったより見るのに時間がかかってしまいました。

でもまだ閉館まで1時間あると油断していたら、みんな店じまいを始めるではありませんか!あわててあちこち走り回りました。ロシアに限りませんが、美術館の店は閉店が早いので、注意が必要です!

20070827175759.jpg20070827175956.jpgさて、美術館の後、最後に残ってしまった「ペトロパブロフスク要塞」に行くことにしました。ここはペテルブルグの発祥の地なので、やっぱりはずせません。すでに夜7時だったので、どうかな~と思っていた聖堂も夏なので開いていました!ここは歴代の皇帝一族の墓所になっています。


20070827175833.jpg20070827175821.jpg要塞の城壁の上にも上れるようになっていて、反対側のエルミタージュなどが見渡せます。

さすがにもうこれだけ見たら十分ということで、夜行列車の出るモスクワ駅(ロシアでは終点の名前が駅名になっています)に向かいました。待っていると、12時を回っても、同じ夜行待ちの人が沢山いて、夜中でも駅は大賑わいです。

プラッツカルテ(これまたドイツ語からの言葉)という、寝台車の簡易ベッドを予約したのですが、1車両に30くらいのベッドがところ狭しと並んでいました。私は小さいので十分横になれましたが、ロシア人にはちょっと長さが足りないようで、足先が出ている人が何人もいました。ここでペテルブルグとはお別れで、7時間ほどでモスクワに到着です。
スポンサーサイト

テーマ:ロシア生活 - ジャンル:海外情報

【2007/08/27 23:03】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(8) |
<<モスクワでうどん | ホーム | ペテルゴーフと跳ね橋>>
comments
----
うわわーロシア美術館、いいなぁ。
ついこないだまで都美でロシア美術館展「ロシア絵画の神髄」をやっていて、観てきました。

アイヴァゾフスキー、予想以上に絵が大きかったです。
観てるこっちが溺れそう(笑)

うーん、ぜひ本場にもいってみたい。
【2007/08/28 15:01】 URL | ケンスキー #-[ 編集] |
--アイヴァゾフスキーファン--
私も上野のロシア美術館展を観てきました。
そしてその場でアイヴァゾフスキーの迫力に圧倒された俄かファン(笑)ですが、怒涛を描くのに長けた人ですね~。画像が今にもうねり出しそうな、音が聞こえてくるような気がします。

う~ん、なんだかだんだんロシアに行きたくなってきました(笑)。
【2007/08/28 16:18】 URL | Vindobona #6IhhygGM[ 編集] |
--アイヴァゾフスキー--
私もファンですよ。
モスクワのトレチャコフ美術館にも何点かあります。
内容からいうと私はエルミタージュよりロシア美術館の方が好きです。
よりロシア的ですから。

要塞も面白いですよね。
私もサーシャと行きました。
ニコライ2世一家のお墓もみましたか?

前回行けなかったのですか、今度はピョートル大帝のクンストカメラに絶対行きたいなと思ってます。
【2007/08/28 20:38】 URL | アーシャ #-[ 編集] |
----
ケンスキーさん
溺れそう、とはまさにその通り、私も観ていて吸い込まれそうになりました(笑)ぜひいつか本場に来て堪能してください。

Vindobonaさん
アイヴァゾフスキーは他にも4点ほど、穏やかな海の風景画がありましたが、やはり荒れ狂う波の風景に吸い込まれ…いや断然惹きつけられました。モスとペテル、ぜひまとめて訪れてみてください。

アーシャさん
私もロシア美術館の方が好きかな~。エルミタージュの絵画はなんだかんだいって、よそでも観られるものが多いですが、ロシア絵画は素晴らしいものが多いのに、まとめてみられる機会はなかなかないですよね。

ニコライ2世一家のお墓見ましたよ。
革命で悲惨な運命を辿る事になったわけですが、やっと一家揃って落ち着くところに落ち着いたんだなあ、とちょっと感慨深かったです。

クンストカメラ…私も今回時間が無く見られませんでしたが、うーん、怖いもの見たさで行きたいような、行きたくないような…。
【2007/08/29 21:46】 URL | ありょんか #7rY5aUwI[ 編集] |
----
やっぱりロシアの美術館はすごいですね。
間違いなく文化大国ではありますね。
夫が先日イギリスに行った際、ロンドンでは半日ぐらいしか時間がなかったので「何はともあれ大英博物館に行っておいで!」と言っといたのですが、後で「何あれ?ロシアのミュージアムの方がよっぽどマシ」と鼻で笑われてしまいました。
【2007/08/30 17:43】 URL | ばこ #-[ 編集] |
----
ばこさん
ロシアはとにかく何事もスケールが大きいです。
大英博物館って有名ですがあまり大きくないのでしょうか。まあロシアの場合大きすぎて見るだけでも疲れてしまうということもありますが…(そして最後の方は集中力切れ)。
【2007/08/31 10:26】 URL | ありょんか #7rY5aUwI[ 編集] |
--思いがけずに--
「第9の怒涛」を見ることができました。

ありょんかさんも読んだかもしれないけど,私の日記でこの絵が話題になったんですよね。
こういう絵だったんだぁ…。

嬉しいです♪ ありがとう!!!
【2007/09/04 05:57】 URL | こーり #-[ 編集] |
----
こーりさん
どういたしまして。そうそう、この絵ですよ~。
最初なんで第9なの?と思いましたが、旦那曰く「9番目の波というのは大きい」と相場が決まっているそうです。日本でそんなのあったかな?
【2007/09/04 11:17】 URL | ありょんか #7rY5aUwI[ 編集] |
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://alenka.blog95.fc2.com/tb.php/44-e676c177
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

リンク

このブログをリンクに追加する

Google+ブログ検索

Google

Blog Pet

Google Ads

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。