『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『花屋さんは大繁盛』
今週は週明けくらいから昨日にかけて花屋さんが大繁盛でした。
なぜかって?
なぜかというとロシアでは3月8日が国際婦人デーだったからです。
この日は男性が奥さんやお母さんはもとより、職場の同僚などあらゆる女性に花やプレゼントを贈らなければならない日なのです。これを怠ると後が大変。というわけで女性にとってはとてもありがたい日です。

ロストフでもすでに数日前から花屋さんがいつもの倍くらい路上にあふれていました。
昨日今日は花束を求める男性で大賑わい。
もともとロシアは誕生日や招かれたときに花束を贈るのが一般的なので、花屋の数が多いのですが、
国際婦人デー直前は特にすごいです。

今はまだあまり暖かくないので、街並みも殺風景なのですが、
花屋さんが増えたおかげで、まるで通りは春が来たような華やかさ。   
花屋さんではチューリップやカーネーション、水仙、ヒヤシンス、クロッカス、百合など、どれも豪華にラッピングされていてきれいなんですが、私が個人的に一番気に入ったのは道端で売られている切りっぱなしのミモザ。
IMG_0243_1.jpg IMG_0246_2.jpg
もちろんしっかりいただきました。

自分がもらうのもいいですが、この時期通りで花束やプレゼントを抱えている男性や女性を頻繁に見かけたので、なんだか微笑ましい感じでした。
スポンサーサイト
【2007/03/10 00:26】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(5) |
<<巨大プールとロシアな夕飯 | ホーム | モイセーエフ・バレエ>>
comments
----
ありょんかさん、こんにちは。
ミモザ、綺麗ですね~♪
路上に花屋さんとなれば、それはもうカラフルで華やかなのでしょうね。
特にこの種類の花、と決まってはいないのでしょうか?

女性に花を贈る習慣、是非うちの夫にも見習ってもらいたいです。
【2007/03/11 15:22】 URL | あきのすけ #-[ 編集] |
----
あきのすけさん

コメントをどうも!
花の種類は何でもいいのですが、ロシアでは贈る場合の花の本数は奇数でないといけません。偶数はたしかお墓に手向ける時なので、間違えるとちょっとまずいです。

日本でもこういう日があるといいですよね。
【2007/03/12 14:45】 URL | ありょんか #-[ 編集] |
----
国際がついた婦人デーだから、日本でもきっと3月8日は国際婦人デーなんですよね。
今日は○○の日、とか大々的に「ロシアでは ― 」とテレビで紹介してくれれば、日本でも花屋さんが?? と思いました。
が、考えたらこの時期はホワイトデー商戦真っ盛り、ですものね。
必要ないのかな…。

それにしても、まだ寒いであろうこの季節に花が溢れるなんて、ステキでしょうね。
【2007/03/13 02:45】 URL | こーり #-[ 編集] |
----
ああ、国際婦人デー・・・何事もなく過ぎてしまいましたが、ありょんかさんはお花をもらいましたか?私は日本にいた頃、モスクワに住む姑に花を贈ったことがあります。お花はいつもらってもいいものですよね。
【2007/03/13 15:15】 URL | ばこ(danae) #-[ 編集] |
----
こーりさん

ロシアは冬が長いので、花を贈る時に「もうすぐ春だね」と言うことで、少しでも春を先取りしたいんだろうなあ、という気がしました。

ばこさん

ぜひご主人に3月8日を思い出してもらってください!私は写真のミモザを半強制的に(?)もらいました。男性にとってこの日はほんとに大変ですが、ロシアでは男性に限らず女性同士でも結構花やちょっとしたプレゼントを贈りあうんですよね。モスクワのお姑さんもきっと喜ばれたことでしょうね。
【2007/03/14 11:45】 URL | ありょんか #-[ 編集] |
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://alenka.blog95.fc2.com/tb.php/3-94cd49aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

リンク

このブログをリンクに追加する

Google+ブログ検索

Google

Blog Pet

Google Ads

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。