『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『ピロスマニとパラジャーノフ』
夏に日本にひと月ほど一時帰国しました。
最初は時差ボケと暑さと湿気にやられてましたが、しばらくぶりの日本の生活を堪能してきました。しかし東京のあまりの人の多さにちょっと目が回ったのは、やっぱりロストフが田舎ということでしょうか(笑)

日本でお会いできた方は、楽しい時間をありがとうございました。お会いできなかった方は次回を楽しみにしています。

滞在中、渋谷の東急文化村ザ・ミュージアムで「青春のロシア・アヴァンギャルド」という展覧会があったので行ってきました。私は結構アヴァンギャルドものが好きなのですが、モスクワやペテルブルグの美術館でも沢山観ていたので、今回どうしようかと迷っていました。でも行く決め手になったのは「ピロスマニ」。今までロシアでもピロスマニの絵画にお目にかかったことがなく、一度観てみたいと思っていたのです。

「ニコ・ピロスマニ」はグルジアの画家で、素朴な画風がアンリ・ルソーに比べられたりしますが、ルソーよりも色使いが暗めで、テーマがグルジアの生活に根付いたものが多いところが違います。今回の展示品にはピロスマニの描いた居酒屋の看板などもあって面白く、他の作品ももっと観てみたくなりました。

Sommer08 079_3展覧会で買ったピロスマニファイル。こんな画風です

しかしピロスマニをまとめて観られるのは、グルジアの首都トビリシの国立美術館など。そしてロシアとグルジアは皆さんもご存知のように、紛争のためほぼ国交断絶状態になっています…。いつかグルジアに行ってみたい私としては残念としかいいようがありません。

ロストフに帰ってから、これまたグルジアの映画監督で、ピロスマニの映画も撮っている「セルゲイ・パラジャーノフ」のDVDを発見!それも彼の作品そのものではなく、ドキュメンタリー風のものです。私はパラジャーノフ作品そのものをまだ観てないので、いつもDVDを探しているんですが、なぜか見たことがありません。なので、このDVDは即買いました。

Sommer08 080_4これがDVD。2枚組みです。

このDVDには映画のカットされた部分や作品の一部も出てきて、そのなんともシュールで不思議な世界に引き込まれました。ちょっと日本でも人気のチェコのシュヴァンクマイエルの映画を髣髴とさせるところもありますが、そんなにグロテスクな笑いを誘うようなものではなく、なんともエキゾチックな感じです。

もともと、グルジア料理は美味しいのでロストフでもよく食べているし、ピロスマニにパラジャーノフを観て、ますますグルジアに行ってみたくなったのですが、それはいったいいつになることか…。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
スポンサーサイト

テーマ:ロシア生活 - ジャンル:海外情報

【2008/08/29 19:02】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) |
| ホーム |

リンク

このブログをリンクに追加する

Google+ブログ検索

Google

Blog Pet

Google Ads

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。