『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『春を待つ季節』
3月になって、ロストフも最近だいぶ暖かくなってきました。
かといって春と呼ぶには、まだ肌寒く、天気も曇りがち。昨日なんかが降りました。私からしてみれば中途半端な季節なんですが、周りのロシア人はそれでもみんな「春だ、春だ」と言っています。

先日の授業でも学生が「先生、今日はいい天気で暖かいです!」(いや、曇りだってば…)「だから授業はやめて、外に行きましょう!」と言い出す始末。気持ちは分かるけど、今学期は期末試験もあるし、そういうわけにはいきません。

でも学生たちに気合が入らないのもわけがあって、先月から今月にかけてロシアは祝日続きだったんです。まず、2月23日に「祖国防衛軍の日」という男性のための祝日、その後には大統領選挙、そして3月8日には「国際婦人デー」があり、その全部が週末にかかっていたもので、土曜はもとより、振り替え休日で月曜までお休みになりました。おかげで大学や学校の授業も全部休みになったんです。私の場合、3年生との授業は土曜日だけなので、3回もつぶれました。

国際婦人デーと同時にマースレニッツア(バター祭り?)という、いわゆる謝肉祭のようなお祭りの期間となり、その直後の今はヴェリキー・ポスト、と呼ばれる40日にわたる禁食週間です。でも今では聖職者以外でそれを厳密に守る人はほとんどいません。この期間が明けるとパスハ(イースター)になります。西欧ではこの週末がイースターのようですが、ロシアは東方正教会なので、今年はひと月遅れです。

Rostov2008 096_1ロシアではマースレニッツアに「ブリヌィ」という少し厚手のクレープを食べることになっていて、うちでも食べたんですが、よくよく考えたら、すでに禁食の期間に入った後でした…(この辺がすでにいい加減ですね)。

ちなみにブリヌィの中味はなんでもよくて、ひき肉のいためたのとか、ジャムとスメタナとか、好きなものを載せていいんですが、うちではイクラとサーモンをのせました。日本だとあまりクレープとイクラという組み合わせはないと思うんですが、こっちでは定番で、なかなかいけます。そして、こういう塩辛いものには、必ずウォッカが付きもののロシアなのでした。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
スポンサーサイト

テーマ:ロシア生活 - ジャンル:海外情報

【2008/03/18 21:57】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(9) |
| ホーム |

リンク

このブログをリンクに追加する

Google+ブログ検索

Google

Blog Pet

Google Ads

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。