『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『誕生日』
先日XX回目の誕生日でした。
20070722163714.jpg日本では誕生日を祝うような年ではないのですが、ロシアはいくつになっても誕生日は重要行事です。祝ってもらえるのはいいのですが、その分自分も身近な人の誕生日を忘れようものなら大変。相手がどこにいようと、直接会えなくても電話一本入れて一言お祝いの言葉を述べなければなりません。

20070722163758.jpg20070722163737.jpgさて、私の場合はせっかくなので、普段とちょっと変わったことをしようとまずドン川クルーズをすることに。とはいってもたいしたことはなく、遊覧船で1時間弱ドン川をうろうろするだけです。川沿いには何隻もの遊覧船がいて、平日だと言うのに夏だからか人で一杯。

20070722163729.jpg20070723194936.jpg川沿いにはレストランが一杯立ち並んでいて、中にはこんな船の形をしたレストランも。暑いのでドン川沿いで泳ぐ人々も沢山いました。


20070722163749.jpgここでは船が有力な輸送手段なので、クレーンも沢山立ち並んでいます。

20070722163919.jpg20070722163812.jpg夜はレストランで食事をすることにしました。どこがいいか迷った挙句、「タマダ」に決定!ここは「玉田」さんがやっている日本料理レストラン…ではなく、そういう名前のグルジア料理のレストランです。「タマダ」とはパーティーの司会進行役のこと。レストランはコーカサスの田舎をイメージした建物です。

20070722163839.jpg20070722163849.jpgロストフはコーカサスが近いせいか、グルジアやアルメニアなどの料理が普及しています。でも言葉の響きが全く違うので、中にはロシア人ですら名前だけではどんなものだかわからない料理も。右の写真は チャシュシュリという豆を練りこんだもちもちしたパンです。なかなか食べ応えあり。左はサラダ。

20070722163900.jpg20070722163909.jpg緑色の塊は抹茶アイス…ではなく、いろんなハーブをチーズと混ぜたペースト。パンに塗って食べます。その隣は鱒や七面鳥を使った料理。名前は残念ながら覚えにくくて忘れてしまいました。全体的にロシア料理より少し辛くて香辛料が効いています。

満足して家に帰ってみれば、お湯が出ない!なんと今日から2週間お湯が止まる時期に突入したのでした。しばらくはお湯なしです、とほほ。
スポンサーサイト

テーマ:ロシア生活 - ジャンル:海外情報

【2007/07/24 02:07】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(10) |
『なぜかエルトン・ジョン』
がロストフにやって来ました。

恥ずかしながらエルトン・ジョンは名前しかしらなかったのですが、ちょっと調べてみると紆余曲折の人なんですね。

有名アーティストだし、チケット高いだろうと思っていたら、なんと野外コンサートでしかもタダ!なんでかよくわかりませんが、実はロストフのメタロロマという電子金属の工場を持つ会社が個人的に招待したらしいです。ロストフ景気いいなあ~。

しかしそこはロシア。何時に始まるのかよくわかりません。
あるネットサイトには18時開始、他のには19時半、20時なんてのもあってどれがホントなのやら…。いずれにしてもこういう大掛かりなコンサートの場合、ロシア人あまり時間は気にしないみたいです。だいたいにして開始が遅れるので、好きなときに行って、好きなときに帰るという感じ。

Rostov-gl-32.jpgsm4.jpg会場の広場と、広場をはさんだゴーリキー劇場。コンバインを模っているそうで不思議な形です。

この日はあまりの暑さに(37度くらい?)カフェで一休みしていたら、気がつくとすでに夜8時を過ぎてました。さすがにそろそろ行く時間じゃあ…。

会場のテアトラールナヤ・プロシャチ(劇場広場)は、普段は何にもない場所なんですが、当日は仮設ステージが作られていました。それにしても今日だけのためにかなり大きなステージ作ったものです。そしてすごい人、人、人…。正確にはわかりませんが、5万から10万人くらい来ていたらしいです。セキュリティも厳しく、警察にアモン(特殊部隊)に3000人態勢だったとか。

20070713172132.jpgしかも行ったらまだ始まってませんでした(笑)。なんだったんだネットの案内は…。結局エルトン・ジョンが登場したのは午後9時でした。

最初の数曲はなんだか似たり寄ったりでいまひとつでしたが、途中でバラード風の曲をいくつか歌ったあたりから大分いい感じになってきて、全体的にはいいコンサートでした。基本的にはエルトン・ジョンのピアノの弾き語りですが、インストルメンタルがなかなか聴かせます。

20070713172150.jpgピアノに向かう彼のバックは全部観客です。

20070713172236.jpg舞台の真ん中のちっこいのがエルトン・ジョン。わかるかな~。

最後には花火も「こんなところで大丈夫?」というくらいバンバン上がって、かなり派手な催しでした。これだけ人が多くなると、立ち見で遠目になってしまいますが、大勢の若者はもちろんとして、車椅子の旦那さんを連れた老夫婦や、1人で音楽に合わせて踊るおじさんなどを見て、タダだといろんな人が楽しめていいなあ、と思いました。こういうコンサートまたぜひやって欲しいです。

20070713172206.jpgこれだけ名の知れたアーティストがロシアの地方都市で、しかも無料でコンサートをしたとあって、さすがにひと通りのロシアメディアにニュースとして取り上げられてました。それによると、コンサート直前に自家用機2台で飛んできたエルトンは、コンサート終了後すぐにロンドンに飛んで帰ったとか。理由は「家で寝るのが好きだから」だって(笑)

テーマ:ロシア生活 - ジャンル:海外情報

【2007/07/14 19:45】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(10) |
『ソチ2014』
2014年冬季オリンピックがロシアのソチに決定しました!

ソチは前の日記にも書きましたが、黒海沿岸の高級リゾート地です。やしの木が生えているような場所ですが、コーカサスにも程近く、高い山々に囲まれ、夏でも山の上のほうは雪が残っているほどなので、冬はウィンタースポーツにうってつけなわけです。

昨日の夜12時からIOC総会の特番があり、偶然起きていたのでずっと見ていました。なんでこんな時間に、と思ったらグァテマラでやってたんですね。

どういうプロセスでの選考になっているのかさっぱりわからず見ていたところ、夜中の2時ごろに候補地の1つだったザルツブルクが落選。ソチと平昌の一騎打ちに。まあオーストリアは過去に2回もインスブルックで開催経験があるし、ザルツブルクはそれでなくとも観光資源が多いこぢんまりとしたモーツァルトの街なので、別にオリンピックやらなくてもいいのでは…と思いました。その後の会話。

「どっちになると思う?」
「平昌。」
「なんで?」
「ロシアはまだ時期尚早だよ、他にやらなきゃならないことあるでしょ。ソチになったら大量のお金が全部ソチに流れちゃう。」
「石油とガスをがんがん売ればいいんじゃないの(笑)?」
「うーん。ウィンタースポーツが強いという点ではロシアの方が有利には違いないけど…。」
「ソチに決まれば、ソチが有名になるよ。」
「それでロシア人に何かいいことある?」
「…。」

などと言いながらさらに待つこと1時間。
封筒が運ばれてきて、中が開かれてみると…なんと「SOCHI」と書かれていました!その後のロシアは大騒ぎ。ニュースはソチ一色になりました。

うちからソチまでは、近いようで実はそんなに近くなく、列車で10時間です。まあモスクワまでは22時間なので、それからみればたいした距離ではありません(笑)飛行機だったら1時間ほどなんですけどね。せっかくだし、ソチオリンピックにはぜひ観戦に…と思いきや、考えてみたら7年後。「その時ロストフにいるとは限らない」と言われ、それもそうだと思いつつも、ソチには一度行ってみたいと思ったのでした。

テーマ:ロシア生活 - ジャンル:海外情報

【2007/07/05 21:23】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) |
『ドルジャンカ』
昨日の続きです。

20070703192812.jpgドルジャンカに着くまでは、泊まるといっても海の家みたいなところを想像していたのですが、わりときちんとした施設でした。木組みの建物なんかあったりして、ちょっとリゾート風です。ウィンドサーフィンができるようなので、施設の名前もそんな感じですが、夏休みだし単なる海水浴の親子連れも多かったです。この場所のいいところは、右を見ても海、左を見ても海で両方の海岸が楽しめます。http://www.surf-shelter.ru/events/?id=news(ロシア語)

来ている人たちはロストフからが多いようですが、中にはモスクワやペテルからの人もいるそうで、バスも出ているようです。でもかなり遠いのでわざわざ来てるのかとちょっとびっくり。

20070704125045.jpg海岸は砂浜…ではなく大量の貝殻の山!歩くとちょっと痛いです。

20070704130540.jpg20070704122226.jpg
これがカサと呼ばれる、海に細長く伸びる貝の砂丘ですが、長いこと長いこと、先端まで3キロ以上あったんじゃないでしょうか。足が疲れました。でも人がほとんどいない!

海に沈む夕日が綺麗です。20070704130454.jpg
20070704130356.jpg二日目は宿のすぐそばの海岸で泳ぎました。ここはさすがにそれなりに人がいて、あちこちで両親と一緒の小さな兄弟が浮き輪で泳いでいる姿が可愛い~。波が穏やかなので、子供と来るにもちょうどいい感じです。海自体は日本の海ほどしょっぱくないのですが、水温がまだ22℃くらいでちょっと冷たいので、海に入るときはちょっと覚悟がいります。でもまあ泳ぎ出せば慣れてきます。

20070704115347.jpgそして何度も海と浜辺を往復しているとさすがにお腹がすいてきてご飯タイム。実は一緒に行ったトリックはバーベキューおたく。どこへいくにも必ず大量に肉をマリネしてきます。今回も海岸でワイルドに鶏をまるごと焼きました。

20070704130427.jpg海辺に住むワンちゃん。

アゾフ海は充分よかったのですが、欲が出て、次回はトリックが「水の色が違う」と絶賛する黒海沿岸にもぜひ行って見たくなりました。

帰り道ではトリックの奥さんのマルちゃんが運転していましたが、カーブのところで待ち構えていたネズミ捕りに引っかかり、スピード違反でしっかり罰金取られました。まあいつかはひっかかるとおもってたんですが…。ちなみにパトカーが「あまりにいい位置」にいるので、後続の車もみんなひっかかってました。

テーマ:ロシア生活 - ジャンル:海外情報

【2007/07/04 17:53】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(8) |
『海に行ってきました』
気がつけばもう7月ですね。
ロシアの学校は6月が年度末になるので、子供たちにとっては7月と8月が嬉しい夏休み。大人もそれに合わせて休暇をとるので、最近の話題はもっぱら「休暇はどこへ行く?」です。ロシアでは夏の休暇はなんと3~4週間!ロストフはわりと海に近いので、黒海方面に行く人が多いようです。黒海沿岸のリゾート地と言えばプーチンの別荘があるソチなどが有名ですが、その他にもあまり知られてない小さな街があります。

実はこの週末海に行ってきました。とはいえ土日だけだったので、黒海ではなく近場のアゾフ海です。イベント好きの友人、トリックがすでに6月から「海に行こう、海、海」と言っていて、最初は黒海沿岸と言っていたのですが、車で6時間と聞いてさすがにそれは遠いよ、近場にしようと相談、車で3時間ほどのドルジャンカはどうか、ということになりました。
map.dolzanka.jpgドルジャンカ、と言われてもこの辺の地理はさっぱりなので、どこだかわかりません。©Google Earthで検索してやっとわかりました。アゾフ海に突き出しているなんだか細ながーい場所です。最近はGoogle Earthで投稿写真も見られるんですね、なかなかよさそうなところです(画像が小さくてわかりにくいですね、クリックしてみてください)。dolzanka.casa.jpg
土曜日の朝に車でロストフを出発。実はあまり近郊に出かけたことがなかったので、今回良くわかったのですが、ロストフの街を出るとどこまでも道はひたすらまっすぐ。見渡す限り畑、畑、畑しかありません。刈り入れ時の麦畑が黄金色で綺麗です。その隣はひまわり畑。どこまでも続く一面の花畑は映画「ひまわり」を思い出させます。そういえばあれはウクライナが舞台という設定だったから、ここからそう遠くないな、と思ったりしました。

20070703192641.jpg途中の市場で野菜の買出しです。夏は野菜が豊富!

それにしても…みんな運転の荒いこと。あまり車がいないのが幸いですが、追い越し運転しまくりです。まっすぐな道なので飛ばしたくなる気持ちもわかりますが、メーターを見たら140キロは出てる!この運転で6時間はさすがにちょっときついです。いやー、近場にしといてよかった。(つづく)

テーマ:ロシア生活 - ジャンル:海外情報

【2007/07/04 00:24】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) |
| ホーム |

リンク

このブログをリンクに追加する

Google+ブログ検索

Google

Blog Pet

Google Ads

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。