『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『カンヌのロストフチャニン』
ロストフチャニンとはロシア語でロストフ人という意味です。

先日カンヌ映画祭2007が閉幕しました。日本の河瀬直美監督がグランプリという快挙でしたね。ロシアからも2作品がコンペ部門に出ていました。

アレクサンドル・ソクーロフ監督「アレクサンドラ(原題)」
チェチェン紛争をテーマにした映画で、主演女優は先日お亡くなりになられたロストロポーヴィッチ夫人のガリーナ・ヴィシネフスカヤさん。

アンドレイ・ズヴャギィンツェフ監督「ザ・バニッシュメント(原題)」工業地帯から自然の中へと移住した家族の、変化していく人間関係を描いた作品です。

映画自体は惜しくも賞を逃しましたが、「ザ・バニッシュメント」の主演俳優コンスタンチン・ラヴロネンコ氏が主演男優賞を受賞しました!

この俳優さんは、ズヴャギィンツェフ監督の初監督作品にして、2003年ヴェネツィア映画祭で金獅子賞を獲った映画「父、帰る」で印象的なお父さん役を演じていた人です。

konstantin_lavronenko.jpg
なかなか渋いおじさまです。

昨日一緒に飲んでいた人から聞いたのですが、なんとこのラヴロネンコさんはロストフ出身!ロストフ人だったんですね~。ロストフで演劇を勉強した後、長くモスクワの劇場で舞台俳優として活躍していたそうです。なので今ではどちらかというとモスクヴィッチ(モスクワ人)かもしれませんが。

ソクーロフ監督は昨年日本でも公開になった「太陽」が話題になったし、ズヴャギィンツェフ監督も「父、帰る」が公開になっているので、今回の新作もおそらくまたそのうち日本で観られるのではないかと思います。映画好きの方は要チェックですね。
スポンサーサイト

テーマ:ロシア生活 - ジャンル:海外情報

【2007/05/31 18:25】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(5) |
『ロストフの夏』
最近のロストフはとにかく暑いです。連日30度越えで、ロシアだけでなくヨーロッパは全体的に一足早い夏の訪れのようです。

日中は日差しが強くて暑いのですが、うちにはまだ冷房がないので、どうするかというと日が上った時点で窓を全部閉め切ります。その方が熱気が家の中に入ってこないとのこと。それでもやっぱり暑いことには変わりないんですが、なんとか我慢できない暑さではありません。

20070527114915.jpg
夜のドン川

そしてよく観察してみるとこの辺は冷房のない家の方が多いですね。冷房普及率が低いので、あまり外にいやな熱気がないのはありがたいのですが、さすがにこの暑さで、電気屋の冷房コーナーに人だかりができていたので、これから普及してくるのかなーと思います。

そんなわけで、最近外に出るのは主に日が暮れてから。こっちの日暮れは現在大体夜の8時9時なので、遅めの外出です。昨日は久しぶりにドン川の川沿いを歩いてきました。

20070527114931.jpg
川沿いの噴水

夏に川沿いを歩くのは初めてだったんですが、週末だったということもあって、なんとまあ人の多いこと!みな考えることは同じです。そして川沿いには夏カフェだのビールテントだの、船上ディスコだのがひしめき合っていて、賑やかを通り越してうるさいくらい。しかもこっちはなぜか「路上カラオケ」が普及していて、みんなグループで路上でカラオケを歌っているのです。うーん、ロシア人の音の感覚はいまひとつ理解できない…。そしてこんな夜遅くに欄干にもたれて釣りをする人々も。こんなところで釣れるんだろうか?夏の河畔の楽しみ方も人それぞれでした。

テーマ:ロシア生活 - ジャンル:海外情報

【2007/05/27 19:46】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(8) |
『ダーチャで誕生日』
ロストフは先週辺りから急に気温が上がり始め、今では30度近いすっかり夏の陽気です。しかも天気が安定していて、毎日毎日空は真っ青、雲ひとつなく快晴。天気がいいのは気持ちがいいのですが、日差しが強くて乾燥しているのでちょっと慣れない身にはツライ。とはいえ外に出るには気持ちのいい気候です。

20070523122836.jpg先週末は友達のイリヤが誕生日で、ダーチャでお祝いしました。ダーチャとは一言で言えば別荘ですが、ロシアのダーチャはピンからキリまで。掘っ立て小屋のようなのもあれば、邸宅のようなものまであります。ここのダーチャは中の下くらい?この時期ダーチャで過ごす人も多いせいか、近所のスーパーでもガーデニング用品が山のように売られています。

20070523122919.jpgさて、当日ダーチャに着いてみると、イリヤ夫妻と数人の友人がすでに調理を始めていました。こっちは誕生日の主役がお客をもてなすのが基本。そしてみんなが来る前に料理ができている必要はなく、来てから一緒に料理をすることもしばしば。お客はおしゃべりしながら調理を手伝います。その日のメニューはシャシュリクに野菜。シャシュリクとはいわゆるバーベキューですが、こっちのバーベキューは肉だけです。野菜も洗って切っただけですが、今は野菜の美味しい時期なので、キュウリやトマトなどそのまま齧るのが一番。

20070523122857.jpg小さなお客さん登場。

ダーチャの中も見せてもらったんですが、本棚に50巻以上ものレーニン全集がありました。ここは50年代に建てられたダーチャで、以前はガスや電気も通っていたらしいのですが、その後全部だめになってしまい今は何もありません。だめになった時期には泥棒が何度も入っていろいろ無くなったらしいですが、「レーニン全集だけは誰も盗って行かなかった」そうで笑いました。

20070523122939.jpg昼寝には最高です。
【2007/05/23 20:01】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(5) |
『戦勝記念日』
昨日5月9日は戦勝記念日でした。すでに数日前から街中に「戦勝記念日おめでとう!」というポスターが貼られていたし、昨日はモスクワを始め各地でパレードやイベントが行われたようで、改めてロシアにとってのこの日の重要さを認識しました。ニュースではクレムリンの上空を飛ぶ戦闘機の中から操縦士がお祝いの言葉を述べている映像にびっくり。と共に「戦勝記念」という概念をそこまでポジティブなものに感じない私には、なんとなく違和感もありました。

20070510114738.jpg一般人には普通の祝日なので、昨日は遠足に出かけました。友達数人とせっかくなので、自然のあるドン川の岸辺あたりに行こうという話になりました。車で飛ばすこと数十分。最近は気候もよくなってきたので、どこを見てもバーベキューしながらくつろぐ人々で一杯。みんな考えることは同じです。

20070510115108.jpg場所を探してうろうろ。

20070510114809.jpgそのうちちょっとした空き地を見つけたのでそこに落ち着くことにしました。早速どこからか薪が出てきて焚き火が始まります。ドン川にはタンカーのような船が幾隻も泊まっていて、川幅も500メートル以上はあるかというくらいなのですが、今日の遠足の音頭とりをしたトリックに言わせれば「ボルガ川はもっとすごいぞー、川幅は2~3キロはあって、それが一番川幅の狭いところなんだから」だそうです(ホント?)。実はドンとボルガは繋がっていて、夏には船旅も楽しめるので、それを聞いてぜひ行ってみたくなったのでした。

20070510115047.jpgカエルちゃんもゲコゲコ。

テーマ:ロシア生活 - ジャンル:海外情報

【2007/05/10 18:29】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) |
| ホーム |

リンク

このブログをリンクに追加する

Google+ブログ検索

Google

Blog Pet

Google Ads

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。