『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『バラライカ』
120px-Fontan_Rostov_on_Don2.jpg昨日は夕方ロストフの街中にあるラフマニノフ音楽院に行ってきました。ロストフにはなんとバラライカを勉強中の日本人留学生がいるんですよ。練習を多少拝見してきました。(写真は音楽院の前です)

balalaika.jpgバラライカ、という楽器はもちろん知っていましたが、間近で演奏を見る(聴く?)のは初めて。弦が3本で、2本がギター弦、1本がスチール弦なので、あの独特の音がするのだということも見て初めてわかりました。いろんな曲があるようですが、バラライカの奏でる、哀愁漂うロシアのメロディーは日本人が結構好きそうな感じです。

実は音楽院のダニーロフ学長はバラライカの世界では有名な方らしく、最近人民芸術家にもなったほどの人で、そのダニーロフさんに直接ついているそうです。厳しい方のようでレッスン大変らしいですが、それでも音楽に打ち込む姿を見て羨ましい気がしました。

その後は場所を変えていろいろと世間話(?)など。ロストフで直接日本語を話す機会がいままでなかったので、これは新鮮というか、まるで日本に戻ったような変な感じでした。
スポンサーサイト

テーマ:ロシア生活 - ジャンル:海外情報

【2007/04/29 17:30】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) |
『今週のトップニュース』
はなんといってもエリツィン元大統領死去のニュースでした。ロシアにも死んだ人のことは悪く言わない、という慣習があるようで、テレビではひたすら好意的なコメントが流れてましたが、それに反して、国民参加型の討論番組では、エリツィンをポジティブに評価する人よりも否定的な意見が多かったようです。

927.jpg初めてロシアの国葬を見ましたが、救世主キリスト聖堂でのミサの後ノヴォデヴィッチ修道院墓地に埋葬されたのが印象的でした。途中で失脚したフルシチョフを除けば元国家元首としては初めてではないでしょうか。(以前は聖堂はありえないし、レーニン廟)あそこはいわゆる有名人墓地で、チェーホフやショスタコーヴィッチをはじめいろんな有名人が葬られていますが、わざわざエリツィンのために場所を作ったようです。(写真がノヴォデヴィッチ修道院です、きれいですね~。)

そうこうするうち、今度はロストロポーヴィッチ氏が亡くなったというニュースが入ってきました。エリツィンにしろロストロポーヴィッチにしろ、米原万里さんの本でも親近感のある、しかもいかにもロシア的な人物が立て続けに二人も亡くなったのは残念です。

話は変わって、私的な今週のトップニュースは、一時居住許可が下りたことです。いろいろ大変でしたが、これで5月にわざわざ日本に帰る必要がなくなりました。しばらくはロシア暮らしが続きます。
【2007/04/28 04:38】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(5) |
『こんなところに?』
IMG_0349_7.jpg昨日は天気が良かったので近所に散歩に行きました。うちから10分ほどのところに教会がいくつかありますが、ロシア正教のこちらはまだ工事中。

IMG_0350_8.jpgIMG_0354_12.jpg
右のはどうもアルメニア教会らしく、そういえば十字架がロシア正教の物とは違いますね。記念碑もロシア語とアルメニア語!

このアルメニア教会の裏が土手になっていて、下には池があるのですが、なぜかその土手にヤギが4匹!草を食んでいました。近くにいるおばあさんが連れてきてるみたいですが、少しはずれとはいえ、ここ一応まだ住宅街なんですけど…。でもそういえばスーパーでもヤギのミルクを売っているから、それ用なんでしょうか。どこから来てどこへ帰るんだろうと不思議に思いました。
IMG_0352_10.jpgIMG_0353_11.jpg

テーマ:ロシア生活 - ジャンル:海外情報

【2007/04/23 15:00】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3) |
『機関車ロストフ』
というのはバスケットボールのチーム名です。バスケ好きの人に誘われて試合を見に行きました。わたし個人としてはサッカーの方が好きなので、生でバスケの試合を見るのは初めて。しかも知らなかったのですが、ロストフのチームは意外と強いらしく、リーグで3、4位あたりにいるそうです。

この日の試合はロコモティーフ・ロストフ対モスクワ・ディナモ。
試合の行われる場所に着いて席に行ってみると、なんと一列目で敷居がないので選手たち目の前です。しかもゴールネットの真横ですよ?ボールが飛んできそうな勢いです。

3d702371b6b7633f71ad6905ac248995.jpgそして選手たちのでかいこと…。もともとロシア人は大きな人が多いですが、バスケとなるとその中でもさらに大きな人たちが集まってる感じ。平均身長2メートルはありそうです。モスクワの選手たちは青一色のユニフォーム。それに比べてロストフのチームは白をベースに赤と緑なので、ちょっと弱そうな感じ…大丈夫かしら。

試合が始まってみると最初はよかったんですが、だんだんモスクワに差をつけられ始めました。どうみてもモスクワのほうが動きがいいです。あとロストフは肝心なところでパスやゴールが決まらない!むむむ。
応援団やらマスコットキャラクターの変な着ぐるみキリンが一生懸命応援したんですが…結局65対85で負けました。残念。まあ試合としてはいまひとつでしたが、生の試合は迫力あったのと、観客が一喜一憂する応援の様子が面白かったです。

次はぜひサッカー、と思ってるんですが一緒に見た人に「サッカーの試合はこんなにおとなしいもんじゃないから覚悟して行った方がいいよ」とのこと。うーん、どうなることやら。

テーマ:ロシア生活 - ジャンル:海外情報

【2007/04/18 02:11】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3) |
『散歩道に桜!?』
四月も半ばに近づき、日中は外を歩いていて気持ちのいい気候になりました。普段の買い物は近所の大型スーパーに行く機会が多いので、その通り道はいつもの散歩道になっています。

IMG_0330_8.jpgIMG_0342_2.jpgそのロシアに最近多い大型スーパーの1つ、「OK」です。ロストフはまだ土地が空いているせいか、日本のように上に何階もつくらず、横に広く造る傾向が。約1500㎡あって、おかげで中を歩くだけでいい運動になります。週末は大盛況、レジの数は40個以上も!

IMG_0334_5.jpgIMG_0335_7.jpg最近になってその散歩道に花が咲き始めました。最初は桃の花かと思いましたが、どうも違うようです。よく見ると桜に似ている!?これって桜?ロシアにも桜が咲くんだ~とちょっと嬉しくなりました。

IMG_0339_1.jpgIMG_0340_4.jpg散歩道の途中で見た大きな鳥小屋になんだかよくわからない木の芽。多分栗の木ではないかと…。

IMG_0338_10.jpgIMG_0341_3.jpg
桜にミツバチ。5月ごろには新鮮なハチミツが味わえそう。

テーマ:ロシア生活 - ジャンル:海外情報

【2007/04/12 17:52】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) |
『XB』
パスハの続きです。
結局土曜の夜教会に出かけました。ロストフはドン川のそばに中央市場と聖マリアカテドラル大聖堂があります。モスクワの救世主キリスト大聖堂と形が似てます。(写真はロストフの方です。)IMG_0289_4.jpg


とはいえ夜中に行くとなにかと面倒なので、早めの9時頃に行ってみました。聖堂のすぐ外には行列が。よく見るとみんなロウソクやクリーチを手にしてます。中にはクリーチ10個くらい持ってる人も。そして行列の先頭の方には聖堂の司祭がいて、ほうきのようなもので人々に聖水をふりまいています。どうも聖水をかけてもらって、聖なる火をロウソクにもらうための行列らしいということがわかりました。


スカーフをかぶって中に入ると、それなりに人はいましたが、まだそう多くはありませんでした。(東方正教会は女性が中に入る場合頭に被り物をする必要があります。そういう機会のある方はご注意!イスラムのモスクもそうですね。)


ダンナが言うには今年のパスハは時期が早くてまだ少し寒いので人の出も悪いのではとのこと。でも熱心な信者はすでにミサが始まるのを待っているようでした。見渡すとおばあちゃんが多いです。でもカトリックやプロテスタントと違って、ロシア正教の教会や聖堂には椅子がありません。それだけ信仰に苦痛(立っていなければならないという)を強いるということらしいですが、お年寄りには辛いので、みんな簡易椅子を用意してきています。当然ミサが始まると立ってなければなりません(しかも朝まで…)。確かに信仰心がないとやってられないかも。

IMG_0290_5.jpgIMG_0292_6.jpg
さて信仰心の薄い我々は、一通りそんな雰囲気を味わった後家に帰って、テレビの中継を見ることにしました。ピェルビィ・カナル(1チャンネル)ではモスクワの大聖堂を生中継しています。モスクワは首都なのでさすがにプーチン大統領やフラトコフ首相なんかが参列してます。
(写真はモスクワです。外に出て行くところ。讃美歌を歌いながら教会の周りをぐるりと周って「キリストが復活した!」「本当に復活した!」と言ってまた中に戻ります。)

IMG_0307_12.jpg
ドン・TRというチャンネルでは今しがた見てきたロストフの大聖堂を中継していました。もう人で一杯。ロストフのミサで特徴的だったのはカザーク(いわゆるコサック)の代表が参列していたこと。(こっちの写真はロストフ)ロストフも昔はもっと沢山教会があったのですが、革命以降に取り壊されてしまったものが多くて残念です。でも前の日記でも書いたように新しく建てられているものも多いので、もっと気候がよくなったら教会・聖堂めぐりも悪くないかもしれません。

テーマ:ロシア生活 - ジャンル:海外情報

【2007/04/09 01:01】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3) |
『パスハの準備』
ロシアは今週末パスハです。パスハとはイースター(復活祭)のことです。
ロシア正教は旧暦を採用しているので、ヨーロッパ諸国とは復活祭の時期がずれることがありますが、3年ごとに同じになります。今年はヨーロッパと一緒の年。旧ソ連時代教会は弾圧の対象だったので、パスハはほとんどお祝いしなかったようですが、ロシアになってから教会の復権はなかなかめざましいものがあります。あちこちで教会が新しく建て直されているのを見ます。まあそうは言っても熱心な信者だからというよりは、春の行事の一環として楽しむ人も多いようです。
IMG_0280_4.jpgすでに先週あたりから近所のスーパーなどではパスハ用品コーナーができて盛況。卵に色をつけるセットや、セロファンなど、カラフルで、女の人たちが特に熱心に物色しています。私も細々したものが好きなので、早速買ってみました。(左の写真はパスハのカード。XBの文字は「フリストース・ヴォスクレーセ(キリストが復活した!)」の略です。パスハの日曜にはこう挨拶します。

IMG_0278_2.jpgIMG_0279_3.jpgあとかかせないのはクリーチ。これはイタリアのパネトーネと呼ばれるものとほぼ同じで、ドライフルーツが少し入った砂糖がけの甘いパン。サイズも色々です。この写真は小さなサイズ。実は写真を撮った後ひとつ試食しちゃいました。まあまあかな。本当は日曜まで食べちゃいけないんですけどね。それぞれ横から見たところと上から見たところです。

IMG_0285_9.jpgIMG_0281_5.jpg卵はまず茹でてからセロファンを巻きつけてもう一度数秒お湯の中へ。意外と簡単なのになかなか綺麗にできました。さて準備もできたし、あとは日曜に教会に行くだけです。(とはいえ行くとなると夜中に行かなければならないので、本当に行くかは謎です。)

テーマ:ロシア生活 - ジャンル:海外情報

【2007/04/07 01:56】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(7) |
『ドン・キホーテ』
昨日は友人夫妻のお誘いでバレエを観に行きました。とはいえ私はバレエあまり詳しくないので、予習が必要です。sm14.jpg(写真はバレエを観たロストフの音楽劇場です。変わった形ですが船をかたどっているらしいです)
「ドン・キホーテ」の原作は有名ですが、バレエとなるとまた別物。作曲はレオン・ミンクス、オーストリア=ハンガリー帝国で生まれて、ポーランドとチェコのハーフだけど主にロシアで活躍したとのこと。これってロシアバレエになるんでしょうか?バレエのお話は原作とはちょっと違うようで、単純に言うと村の娘キトリと若者バジルの恋物語にドン・キホーテが絡むという話。しかもドン・キホーテは踊らないんですね!タイトル・ロールが踊らないバレエというのも面白いです。
donkihot1.jpgさて観た感想は…。ロストフのバレエはまだそんなに伝統がないので、さすがに本場のボリショイやマリインカからみるとレベルが落ちるのはしょうがないとして、それを差し引いても2年前に見たときよりは上手くなっていました。キトリ役のバレリーナは可愛い感じで好感が持てたし、バジル役はなんだか遠目でフィギュアのプルシェンコに似たダンサーでしたが、なかなか頑張ってました。笑えたのはドン・キホーテが本物の白馬で登場!サンチョ・パンサも本物のロバを曳いていて、馬もロバもなんだか所在なげだったこと。
donkihot2.jpg
あとは1幕2幕は面白かったのですが、3幕目がちょっと退屈に感じました。これって演出や振り付けのせいなのか、もともと3幕目はつけたしな感じなのか、詳しい方にコメントお願いしたいところです。(上の写真、さすが派手なロシア美人が派手なバレエ衣装に身を包むと映えますね~。)

テーマ:ロシア - ジャンル:海外情報

【2007/04/02 19:32】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) |
『もうすぐ春』
サマータイムになって、夕方でもずいぶん外が明るくなりました。毎日天気も良く、青空が広がっていますが、風がまだ冷たいので春までもう一息というところ。今日は家の前の土を掘り起こしました。
IMG_0272_3.jpg
長い冬の間に土が固くなってしまうので、掘り起こしてやるのです。最近あちこちでそういう風景を見かけます。表面の土はまるでセメントのように固くて、力が要りました。掘り起こしたら芋虫なんかが出てきて、これで地面も息ができるようになった感じがしました。
【2007/04/01 02:35】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) |
| ホーム |

リンク

このブログをリンクに追加する

Google+ブログ検索

Google

Blog Pet

Google Ads

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。